読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUTRICK(ゆとり短歌企画)

ゆとり歌人にスポットを当てる企画を考えていきます。目指せフリーペーパー創刊。管理人:なべとびすこ&深川青

【告知】文フリ大阪連動企画「一首入魂again」

こんにちは!
新企画の告知です。


まずは、来る9月18日の文学フリマ大阪にてYUTRICKのブースを出展することになりました!

ブース位置 : E-44 (イベントホール)
 カテゴリ   : 詩歌|俳句・短歌・川柳

5月のYUTRICK展の作品集や、短歌グッズ(おしゃれ)、なべと・深川それぞれの作品などを販売する予定です。たくさんの皆様にお会いできますように。


そして!文フリに連動した新企画です!


『一首入魂again』
…今度の一首入魂は、文フリ大阪開催を記念してのパワーアップ版ネプリです✨
文フリ大阪当日にYUTRICKブースで無料頒布&当日のみネプリ配信いたします!応募作はすべて掲載します!
☆応募者様へはpdfデータをお渡しします。

【応募に関して】
 ・平成元~10年生まれのゆとり歌人の方 
・テーマ詠「文」でひとり1首のみ
 ※詠み込み必須ではありません。
 ※過去作NGとします。新作でお願いします!
・応募方法
 ◇お名前(筆名でOK)
 ◇平成○年生まれ
 ◇作品
 ◇Twitterアカウント(あれば)
以上の4項目を本文として、
nabelab00☆gmail.com (☆→@)までお送りください。
・〆切は、8月31日23:59まで!


ゆとり歌人の皆様、ふるってご応募ください!
そしてこれを見てくださったあなた、
文フリ当日に受け取ってくださるのを待っています!


ご質問などな上記メールアドレスまたはYUTRICKのTwitterアカウント(@Yutori_Tanka)までお問い合わせください。お気軽にどうぞ🐥

YUTRICK展へ行こう!&ユトリサイクルレポート

こんにちは。
5月22日を持って甲南大学での展示を終了しました。
見に来てくださった皆さん、ありがとうございました!
来れなかった方は、後ほど作品集として販売いたしますので、そちらでお楽しみいただけたら、と思います!

21日は展示会最終日ということで、「YUTRICK展に行こう! &ユトリサイクル歌会」を開催しました!

展示を見ながらゆっくり喋ったり撮影したりと楽しかったです!
f:id:yutoritanka:20160527085801j:image
f:id:yutoritanka:20160527085752j:image

f:id:yutoritanka:20160527085923j:image


そして、会場をカフェに移して
「YUTReCYCLE(ユトリサイクル)」を行いました!
ユトリサイクルは

過去作をリサイクルする歌会です。評価されなかった/しっくりこなかった過去作1首を再発表していただきます。感想やアドバイスで発見があるはず!

という意図で開催しました!

以下、発表された短歌です。(少人数だったので、2首持ってきていただきました。)

寂しくて死んじゃうなんて嘘ばかりつく溜息の苦しいばかり/小浦すてぃ(@cola_sty ) 

大海はこわいこわいと鳴き蛙井戸の口からやっと飛び跳ね/小浦すてぃ(@cola_sty )

奇術師が皆にあらためさせている右手の中の正義とか愛/根本博基(@c6iOEExLqVzWBYc)

シャーペンの芯を出すとき絶対に長さが中途半端になること/根本博基(@c6iOEExLqVzWBYc)


大切にしていた鳥を放すようにポストに残らず入れる絵葉書/ソウシ(@sixia0uT8BMBIgp)

絶対に付き合うことはない人といってきますを言い合っている/深川青(@nnpnn)

好きになってあげられなくて心からごめんねなんて言ってごめんね/深川青(@nnpnn)

本当のことは絶対言っちゃダメ「先生あのね、」の続きを変える/なべとびすこ(@nabelab00)

煙にも影があるんだ シャッターの前であなたは怪獣みたいに/なべとびすこ(@nabelab00)


以上です。


さらに会場を移して、三ノ宮の居酒屋で懇親会を行いました。
神戸産の食べ物が出てくる居酒屋で感動的に美味しいご飯を食べました…。

f:id:yutoritanka:20160527085821j:image


参加者の皆様、ありがとうございました!!

そして、YUTRICK展に足を運んでくださった皆様、ありがとうございます。
短歌を送ってくださった皆様もありがとうございます。
残念ながら展示会に来れなかった方は作品集の完成をお待ちください。



【告知】YUTRICK展へ行こう&ユトリサイクル

新企画の告知です!!


YUTRICK初の展示会、『YUTRICK展~ゆとり世代×短歌×写真~』の記事は見ていただけましたか?

さあゆとり歌人の皆さま、会期中の 5/21(土) 、YUTRICKのふたりと一緒に展示を見に行きましょう!!
13:30 阪急岡本駅集合、甲南大学に徒歩で向かいます。

そのあと場所を三宮のカフェに移して、
15:00~18:00 新企画『YUTReCYCLE(ユトリサイクル)』を開催します!!

☆『YUTReCYCLE』とは
…過去作をリサイクルする歌会です。評価されなかった/しっくりこなかった過去作1首(著作権の取り扱いにはご注意ください。作品はブログ等で公表します)を再発表していただきます。感想やアドバイスで発見があるはず!

18:30~
飲み会をします!場所はそのまま三宮です。
兵庫産の美味しいものを食べられる居酒屋で、兵庫をまるっと堪能しましょう✨
予算は4000円です。


【まとめ】
5/21(土) 
①13:30 阪急岡本駅集合、YUTRICK展へ
 15:00~18:00 三宮のカフェでYUTReCYCLE(歌会)
②18:30~ 三宮駅周辺で飲み会

【応募方法】
・お名前
・平成何年生まれか
・①②両方参加 or ①/②のみ参加
上記3点を、YUTRICKのtwitter(@Yutori_Tanka )へDM もしくは 深川青(ao.fukagawa.tanka@gmail.com )にメールしてください。


質問等も応募先のアカウントかアドレスへ、お気軽にどうぞ!

ご参加お待ちしています🐥

YUTRICK TOKYO2日目レポート(「いろんな意味で歌会」)

ゆとり×吟行=YUTRIPに続いて、カラオケ×歌会=いろんな意味で歌会を行いました!!

 

いろんな意味で歌会は1人が歌を歌ってる間に、他の人がその歌に出てくる単語を拾って歌を作るという超即詠企画です。過去3回行われておりまして、ブログでもそのレポートが掲載されているので、遡って読んでみてくださいね。

 

 

以下、歌からインスピレーションを受けて詠まれた即詠の抜粋です。
 
 
※括弧内はインスピレーションを受けた歌
 
【詠み手 花撫】

ただ踊るだけそれだけでかかる魔法 ふたりの希望はここだけにある

(magic number/KICK THE CAN CREW

 

色とりどりの少女たち舞うこの世界 実在しないけど嘘じゃない

プリキュア5、フル・スロットル GO GO!/工藤真由

 

一瞬は永遠なんだあなたとなら 遠くの景色をいつか教えて

(ワタリドリ/[Alexandros])

 

共依存 「死にたい」言って死にゃしないそんな弱虫な君が好きだよ

(絶望ごっこ/ハルカトミユキ)

 

 
【詠み手 一条遊歩】
 
いつかやがておまえの香りが消えるまでシングルベッドが静かに軋む
(シングルベッド/シャ乱Q
 
果てしなく繰り返される日々を越えて輝く星のワンモアタイム
(ワンモアタイム/ポルノグラフィティ)
 
虹をこえてキモチをひとつに会いに行くよ大胆不敵フル・スロットル
プリキュア5、フル・スロットル GO GO!工藤真由
 
立ちすくむあたしを濡らして響き合う不協和音の明け方の雨
(浮舟/GO!GO!7188)
 
綱渡りしているふりで薄っぺらい言葉並べて絶望ごっこ
(絶望ごっこ/ハルカトミユキ)
 
ポケットに残ったコイン握りしめる ねぇ僕たちはどこで壊れたの?
(フレンズ/レベッカ
 
いつだってやさしいキミはホントウは気づいているの? 微かなカオリ
(微かなカオリ/Perfume
 
 
【詠み手 村上すみれ】
 
おまえ抱くシングルベッド忘れないことにするからシーツのしわも
(シングルベッド/シャ乱Q
 
ハローという音符のなかに見える君と8月の朝を歩いてゆく
(Adventure/[Alexandros])
 
現実の無力なわれにあるちから開放するためすぐここに来て
(ワンモアタイム/ポルノグラフィティ)
 
唇に毒をぬってキスをしたい大すき大きらい大すきよ
(19才/スガシカオ
 
十字架に乗せたる愛に反射した月も星もすでに死にたり
(Pray/水樹奈々
 
亡骸になりつつ抱かれこんなことあってもいいの?あってもいいの。
 
隠れ家で壊れた関係見つめてたでもほんとうに壊れていたの? 
(フレンズ/レベッカ
 
 
【詠み手 荻森美帆】
 
暑い日に滴り落ちる汗ばかり本の裏から値札をはがす
(FLY/GRAPEVINE
 
永遠を纏ってしまって倒れたらつぼみが見えて自分みたいだ
 
セーターが北の宿から届いてる今ほしいのは手袋なのに
(北の宿から/都はるみ
 
この街に慣れた証明なのだろう明日の予定がないのが幸せ
(Butter-Fly/和田光司)
 
お手紙を頂戴しますああこれは笑うベースの音がしますね
(Sugarless GiRL/CAPSULE
 
光るなら光ってみせろよ暗闇よロマンティックを肯定するなら
(光るなら/Goose house)
 
 
【詠み手 シュンイチ】
何もできないふたりが見てた軒下がたったひとつの傘だったこと
(キミがいれば/伊織)
 
影だけになったぼくらの綱引きが百年続きますように、夏
 
意味のない (というより歌が下手すぎて意味とかどうでもよくなった) 旋律
(Adventure/[Alexandros])
 
何回も泣いたことより一度だけ笑ったことを思い出してね
(Missing/ELLEGARDEN)
 
青だけがすぐになくなるきみだから空にどでかく描けトビウオ
 
男子校 まだ声変わりしていないカズヤをプリキュアとして生きていく
 
you don't stop 真夏のはじまりにきみが走ればはじけるbeat
(magic number/KICK THE CAN CREW)
 
ぼくたちと孤独がつくりだす音はいつでも不協和音だったね
(浮舟/GO!GO!7188)
 
まだ文字が書けないでいるぎんちゃんがこれから出会うことばのすべて
(ぎんちゃんのラブレター)
 
背を向けてわたしはかえるふるさとは冬を越せないつばめが来る町
 
関係のない数式を書きなぐるどこで壊れたんだろう僕たちは
(フレンズ/レベッカ
 
どんな星だってぼくらを照らすから涙は恋の方程式だ
(光るなら/Goose house)
 
 
【詠み手 深川青】
しゅわしゅわと君を溶かせば強すぎる刺激もきっと甘やかになる
(FLY/GRAPEVINE
 
ささやかな女心が原因の冷え性なので大事にしてね
(北の宿から/都はるみ
 
許可制の愛情表現つかの間に終わらせるから目を閉じていて
(19才/スガシカオ
 
 
【詠み手 なべとびすこ】
 
こわいから見たくないのに君はまたスマホのロックをはずしたままで
(微かなカオリ/Perfume
 
別れ話賭博の結果俺たちは赤の他人に成敗される
(シングルベッド/シャ乱Q
 
100年でいいから続けストーリー200年後はどうだっていい
 
 逃げ込んだ場所にも記憶が息づいてどこへも行けない僕たちの唄
(Missing/ELLEGARDEN
 
ゴキゲンな蝶も舌打ちするほどのウカレタ歌が流行るこの町
(Butter-Fly/和田光司)
 
 
以上です。
 
これでYUTRICK TOKYO 2DAYSレポートは終わりです。
本当に楽しかったです。
実際に会うのはほとんど初めての、同世代の短歌好きな方々、総勢20人近くの皆さま、本当にありがとうございました。
次に運営が二人揃って東京に行くのはいつになるかわかりませんが、今後のYUTRICKもよろしくお願いいたします。
 
直近であるのは「YUTRICK展」です!
締め切りは4月15日です!
 
展示は神戸ですが、冊子も作りますので、奮ってご参加ください。

YUTRICK TOKYO2日目レポート(「YUTRIP」)

3月19〜20日に2日にわたって開催されたYUTRICK TOKYO!

二日目のレポートをお送りします。

 

まずは、

ゆとり×吟行=YUTRIP!

書店街として有名な神保町にて、それぞれが街を歩きながら短歌を作り、後から会議室で合評を行いました。この日は8人が参加してくださいました。

初めて神保町に行ってみたんですが、本当に書店が多くて楽しかったです。

 

以下、吟行でできた短歌です。

 

甘えたくなる匂いには抗えず背中に這わす正直な指/深川青

 

視線合う ムスクの香りの自己憐憫振りまいて君は電車を降りる/花撫

 

細道を横切るときに見えたのは小さな小川ビルの看板/荻森美帆

 

届かずにとってもらった思い出の画集の緑だけが鮮やか/一条遊歩

 

ぼんやりと熱いからだで歩く道つぶやく言葉の端だけとらえ/村上すみれ

 

床なんて薄くていいよオレたちは本と一緒に埋葬される/なべとびすこ

 

文字のない絵本にきみがやっつけで書きたすきみがいないおはなし/シュンイチ

 

各路地は棚板でありめいめいのビルで春が展開される/尾鷲明希

 

 

以上です。

 

 

ちなみに、今回のYUTRICK TOKYOでは尾鷲明希さんに全面協力をいただきました。

とくに、このYUTRIPには全面協力いただき、オススメ書店をまとめたしおりの制作までしてくださいました…尾鷲さん、本当にありがとうございました!

 

カラオケ×歌会=いろんな意味で歌会 のレポートに続きます。

YUTRICK TOKYO初日レポート

3月19〜20日に2日にわたって開催されたYUTRICK TOKYO
たくさんの方に参加いただき、大盛況となりました。
参加された皆さまの作品とともにレポートしていきたいと思います。
 
まず、初日のYUTREAD
 
課題は
自分の好きな本(小説、エッセイ、漫画、絵本、歌集、雑誌など)にちなんだ短歌を一首詠んでください。感想を短歌にしても、主人公のイメージを短歌にしても、本のテーマから連想した短歌を作ってもかまいません!
 
というもので、事前に短歌を詠んでいただき、当日は合評を行いました。
 
参加者は運営を含めて12人でしたが、歌会デビューの方が9人…!
たくさんのかたの歌会デビューを後押しできて、非常に嬉しかったです。
 
 
当日の詠草です。
(短歌/作者名
 『(短歌の元となった本)』本の作者名)
 
 
解り合えないことだけを分かち合い苦しいままで続く歌声/深川青
『孤独の歌声』天童荒太
 
 
もう何も伝えられない寂しさの中で傷んだ髪を揺らした/坂本樹
<harmony/>伊藤計劃
 
 
まなざしが孕む秘密をそっと蒔き花を殺してひとりの水葬ゆきやなぎなぎ子
『ウォールフラワー』スティーブン チョボスキー 
 
 
胃のかたち知るため流し込むビール私以外私じゃないの(かな?)/六
ボディアンドソウル古川日出男
 
 
15歳だった少女はいくつだろう 25年が過ぎたいまでは/中はしっとり
ことわ朝吹真理子
 
 
枯れ葉降る広場の椅子に待っているあなたがわたしの友なのですか/荻森美帆
萩原朔太郎詩集』(岩波文庫
 
 
慈雨のごと同情染み入る下宿屋の愛に飢えたる君の死に顔/なつくら
『こころ』夏目漱石
 
 
挟まれた栞の場所は変わらずにあの日を閉じ込めまた次の春へ/桜望子
『また次の春へ』重松清
 
 
この町の誰もがみんな現実のヤスリで丸くなるのだ。彼も、/なべとびすこ
『ここは退屈迎えに来て』山内マリコ
 
 
蕾そのひとつひとつに色があり守っていることの美しさ/稲垣三鷹 
マチルダは小さな大天才ロアルド・ダール
 
 
苦扁桃の香りによって灰色はロールシャッハカードに戻る尾鷲明希 
ジキル博士とハイド氏ロバート・ルイス・スティーヴンソン
 
 
理不尽を焼き尽くしてーでもうちのコンロはIHだから無理/前田沙耶子
『君は永遠にそいつらより若い』津村記久子
 
 
以上12首です。参加者の皆さまありがとうございました!!
 
 
そして、そのあとは短歌カードゲーム「うたいちもんめ」で遊びました。
 
今回できた中で好評だった歌をいくつか紹介します。
 
待ちたまえルパン三世なんて日だ脱兎のごとく行ってしまった
 
完全にコナン君かも待ちたまえそうと決まればざんぎり頭
 
やむを得ず木村拓哉とフラダンス抑えきれずに巡りめぐって
 
などです。
 
文脈が奇跡的に通ることもあれば、文章的には間違っていても、それが味になったりと、色々な短歌が生まれました。
 
 
そして、場所を移動し、新たな参加者も加わってゆとり短歌懇親会を行いました!
 
短歌を始めたきっかけや筆名の由来などの真面目な話題から、兄弟の話やどんな結婚式を挙げたいかなど、本当にいろんなことを楽しく語れてよかったです。
 
そんな感じで YUTRICK TOKYO初日は無事終了しましたー。
二日目のレポートももう少し待ってください…!
よろしくお願いします!
 

 

新企画 YUTRICK展!!

こんにちは。
昨日、一昨日とYUTRICK TOKYOとても楽しかったです!
またブログやTwitterで昨日のレポートなどは発信したいと思います。
 
そして、YUTRICK TOKYOに続いて、また新企画を行います!!
 
YUTRICKでこれまで、ネットプリント企画、歌会、吟行会、フリーペーパー発行などなど、たくさんの企画を開催してきましたが、この世の中にはまだまだやってないこと、面白いことがたくさんあります。
 
ということで!!
 
YUTRICK、初の「展示会」を行います!!
 
題して、
 
YUTRICK展
ゆとり世代×短歌×写真〜
 
タイトルのまんまです!
平成2年生まれのあべともさん(@abemaxxxxro)が切り取った神戸の風景写真5枚に、
平成元年〜10年生まれのゆとり歌人の我々が、短歌でコラボする展覧会となっております。
 
会場は神戸にある甲南大学内のカフェギャラリースペースです。
4月に入学したばかりの一回生からもうすぐ卒業する四回生まで、ゆとりの同世代がたくさんいる、大学という場のなかで「短歌」に出会う機会を作りたいと思っています。
 
 
そして!
展示は期間も限られていますし神戸に来れない方もいらっしゃると思います。
 
ということで、写真、短歌ともに、ひとつの作品集として会期終了後に販売したいと思います。YUTRICK、初の作品集となります。
利益は今後のフリーペーパー作成費に充てたいと思います。
 
参加者の皆さまには無料で作品集を郵送いたします。
よろしくお願いします。
 
 
【応募要項】
ゆとり歌人平成元年〜10年生まれで短歌を詠んでいる方)の皆様は、以下で紹介するあべともさんの写真からイメージ・連想した短歌をお送りください。
※完全新作オリジナルの短歌に限ります
 
☆宛先
YUTRICKのTwitterアカウント(@Yutori_Tanka)にDM、
またはnabelab00@gmail.comにメール(件名を「YUTRICK展」にしてください)
 
短歌の元となった作品の番号、
短歌、
筆名 ※Twitterアカウントを公開したい方は筆名の後ろに(@   )で表記してください。
住所(作品集をお送りいたします。住所を記載したくないかたは記載なしでかまいません。)
 
☆応募期間
3月21日〜4月15日23:59
 
☆その他
短歌はひとつの写真に対してひとつまでお送りいただけます。
写真5点すべてにお送りいだいても、1点だけでもかまいません。
 
(展示スペースの都合で、複数の短歌を送られた方はこちらで厳選しますので、あらかじめご了承ください。展示パンフレット等には全作品を掲載させていただきます。)
 
 
☆課題写真
 

f:id:yutoritanka:20160321150822j:plain

 
 
 

f:id:yutoritanka:20160321150831j:plain

 
 

f:id:yutoritanka:20160321150839j:plain

 
 

f:id:yutoritanka:20160321150846j:plain

 
 

f:id:yutoritanka:20160321150854j:plain

 
 
 たまたまカフェに来ただけの大学生や地域のかたに衝撃を与えるような短歌をお待ちしています。
 
YUTRICK展
ゆとり世代×短歌×写真〜
5月9日(月)〜5月21日(土)
甲南大学 カフェパンセ
 
会期中で大学が開いている時間は一般の方も自由に出入りできます。
ゆとり世代もそうでない方も、皆さまぜひご覧ください。